マネージャーが考える、人の育て方

誰にでも長所や強みはあります。それをどうやって生かすのかということが、営業チームのマネージャーである現在の自分のテーマになっています。だからこそ、新しい仲間と出会う時に最初にするのは、「相手の長所を探す」こと。その仲間の魅力をさらに伸ばしていけるように、プラスαを与えられる存在であれたらなといつも考えています。Enjinで経験する1年は、他社では3年分の経験値に匹敵します。そのスピード感は、自分自身が今まで体感してきたことでもありました。

そうした経験を新しい社員やメンバーに惜しまず伝え、最終的には次世代のリーダーをつくっていくこと。それが自分の役割だと思っています。自分が「できた」時よりも、メンバーが「できた」時の喜びの方がずっと大きく感じます。その喜びを積み重ねていきながら、「あなたに出会えてよかったな」という人をどれだけつくっていけるのか。それが今の自分にとって、大きなやりがいに繋がっているんです。

マネージャーが考える、人の育て方

誰にでも長所や強みはあります。それをどうやって生かすのかということが、営業チームのマネージャーである現在の自分のテーマになっています。だからこそ、新しい仲間と出会う時に最初にすることは、「その人の長所を探す」作業。その魅力をさらに伸ばしていけるように、プラスαを与えられる存在であれたらなといつも考えています。

Enjinで経験する1年は、他社では3年分の経験値に匹敵します。そのスピード感は、自分自身が今まで体感してきたことでもありました。そうした経験を新しい社員やメンバーに惜しまず伝え、最終的には次世代のリーダーをつくっていくこと。それが自分の役割だと思っています。

自分が「できた」時よりも、メンバーが「できた」時の喜びはずっと大きなものです。その喜びを積み重ねていきながら、「あなたに出会えてよかったな」という人をどれだけつくっていけるのか。それが今の自分にとって、大きなやりがいに繋がっているんです。

どこへいっても通用する人材が、ハッピーを作る

僕らはこの仕事を通じて、多くの企業経営者にアプローチしていきます。業界や業種に捉われず、本当にいろんな人に出会う仕事でもあります。つまり、その方々に信頼され、成果を提供していくためには、どの業界や業種に足を踏み入れても通用する人間になっていかなければいけません。

逆に言えば、「この会社でしか結果が出せない」というような人材はつくりたくないですし、「どの会社にいても通用する」人材がいるからこそ、会社や働く社員のハッピーに繋がっていく。個々の自己成長は、会社の成長にも繋がるのだということです。

どこへいっても通用する人材が、ハッピーを作る

僕らはこの仕事を通じて、多くの企業経営者にアプローチしていきます。業界や業種に捉われず、本当にいろんな人に出会う仕事でもあります。つまり、その方々に信頼され、成果を提供していくためには、どの業界や業種に足を踏み入れても通用する人間になっていかなければいけません。

逆に言えば、「この会社でしか結果が出せない」というような人材はつくりたくないですし、「どの会社にいても通用する」人材がいるからこそ、会社や働く社員のハッピーに繋がっていく。個々の自己成長は、会社の成長にも繋がるのだということです。

自分の人生を謳歌していくために

Enjinはいつも、枠に捉われません。その方が新しい何かをつくれると信じている会社だからです。普通の会社であれば、組織という枠にはめたがる部分もあるかと思いますが、それを受け入れてくれる器の大きさを持っているのがEnjinという会社の良さでもあります。だからこそ僕自身も、生意気で、枠にとらわれない人と働きたいと思っていますし、そういう人こそ面白いメディアをつくっていけるのではないかと期待しています。

たとえば、思いきり遊んでいる中でも色々な発見があります。その発見はもしかしたら仕事のアイデアにも繋がるかもしれない。別にプライベートと仕事を分けて考える必要はないわけですし、「遊びだから仕事は関係ない」と枠にはめて決めつけても、面白いことは生まれません。自分という人間の人生は一度きり。仕事もプライベートも分け隔てなく、常にアンテナを張り巡らせながら楽しめる人、楽しめる視点を常に持ち続けておくことが大事なんじゃないかと思っています。だから僕がいつも心がけているのは、仕事も遊びも全力であること。それがEnjinの文化でもあり、自分の人生を謳歌していくために大切なことなのではないかと思っています。